トヨタキルロスカーモーターは、インド市場への取り組みを継続していると述べました

火曜日の電信代理店の報道によると、トヨタ自動車はインドの高い税制のため、インドではこれ以上スケールアップしないとのことです。複数の報道機関によって伝えられた報告書は、これがナレンドラ・モディ政府のグローバル企業をインドに投資するよう働きかける努力への打撃であったことを示唆しました。しかし、報告書は間違った絵を描いているようです。トヨタキルロスカーモーター(TKM)がインド政府の「高い税金」を理由に非難したとのニュースの数時間後、インターネット上で回戦が始まりました。 TKM副会長は、国の国内生産に2,000ルピー(200億ルピー)を超える莫大な金額を投資する同社の計画を発表しました。 「需要は増加しており、市場はゆっくりと回復しています。インドでは持続可能なモビリティの未来が強く、トヨタはこの旅に参加できることを誇りに思っています。私たちは、車両の電化に向けて2000億クローネ以上の投資を行っています」とTKMの副会長であるVikram Kirloskar氏はツイートで述べています。

以前、ワイヤー代理店ブルームバーグのトヨタのローカルユニットシェカール・ヴィスワナサンの引用副議長によると、同社はインドから撤退することはないが、同様にスケールアップしないとの報告があった。 「私たちがここに来てお金を投資した後に私たちが得ているメッセージは、私たちがあなたを望んでいないということです」とヴィスワナサンは言ったと述べた。ブルームバーグの報告書は、インド政府のインドの自動車メーカーに対する高税制を非難し、多くのマスコミに掲載されました。しかし、TKMが数時間後に発行した声明は別の話をしました。それは、「インド市場へのコミットメント」を維持するという同社の計画を指摘した。 「トヨタキルロスカーモーターは、インド市場への取り組みを続けており、同国での事業はグローバル戦略の不可欠な一部であると述べたいと思います。私たちが作成した仕事を保護する必要があり、これを達成するために可能な限りのことをします。インドでの20年間の活動を通じて、私たちは強力で競争力のある地元のサプライヤーエコシステムを構築し、強力で有能な人材を育成するために精力的に取り組んできました。私たちの最初のステップは、私たちが作成したものの完全な容量利用を確実にすることです。これには時間がかかります。」同社は声明で述べた。間違いなく、自動車部門はCovid-19パンデミックの影響を強く受けています。しかし、政府は自動車産業の勧告を検討しており、Javadekarが以前に明らかにしたように、すべてのカテゴリーの車両で物品サービス税(GST)を10%引き下げることを求めています。最近、Nirmala Sitharaman財務相も、GST理事会が二輪車のGSTを引き下げる提案を検討すると述べた。 TKMはまた、インド政府への信頼を示し、政府が自動車産業と雇用をサポートするために可能な限りすべてを行うと確信していると述べました。 「COVID-19の影響によって誇張された減速の結果、自動車業界は、実行可能な税構造を通じて業界を維持するための支援を政府に要請してきました。声明は、政府が業界と雇用をサポートするために可能な限りのことをすることを確信している」と述べた。間違っています。」 「トヨタ会社がインドへの投資を停止するというニュースは正しくありません。@ vikramkirloskarは、トヨタが今後12か月で2000ルピーを超える投資をすることを明らかにしました」とJavadekarはツイートしました。 Javadekarのツイートに返信して、Kirloskarは言いました、「絶対に!私たちは、国内の顧客と輸出向けの電気部品と技術に2000以上のCRを投資しています。私たちはインドの未来に全力で取り組み、社会、環境、スキル、テクノロジーにあらゆる努力を払い続けます」と同社の計画をさらに確認します。 トヨタは、1997年にインドで事業を開始しました。TKMは、日本のトヨタ自動車会社とKirloskarグループの合弁会社であり、国内最大の自動車メーカーの1つです。ブルームバーグの報告からわずか数時間後にTKMの肯定的な声明が発表されることから、以前の報告はインド政府を非難する単なる宣伝にすぎなかったと言えます。