ただし、防衛部門への外国直接投資(FDI)は、国家安全保障上の理由で精査の対象となる

政府は国内生産を拡大するために、外資系企業が国防部門に直接投資することを許可しました。提案されている対外直接投資(FDI)が74%を超え、現代のテクノロジーへのアクセスがもたらされる可能性が高い場合、政府のルートに従う必要があります。ただし、国防部門への外国からの投資は、内務省によるセキュリティクリアランスの対象となり、国防省のガイドラインに従う必要があります。既存の政策では、防衛部門で最大100%のFDIを認めています。自動ルートを通じてFDIの49%の既存の上限を引き上げ、産業と内部貿易の促進省(DPIIT)は、「自動ルートの下でのFDIは最大74%が新しい産業ライセンスを求める企業に許可される」と述べました。商工省の公式声明によると、産業免許を取得していない企業や、すでにFDIに関する政府の承認を得ている企業の場合、49%までの新規外国投資の導入には政府の承認が必要です。株式/株式保有パターンの変更、または既存の投資家による新しい外国人投資家への株式の49%までのFDIの移管の場合、変更後30日以内に、国防省への宣言の提出が義務付けられます。このような企業からFDIを49%を超えて引き上げる提案には、政府の承認が必要です。同省は、投資先企業は製品の設計と開発の分野で自給自足できるように構築されるべきであると強調した。 「投資先/合弁会社は、製造施設とともに、インドで製造される製品のメンテナンスおよびライフサイクルサポート施設も持つべきである」と声明は述べた。同省は、防衛部門への外国投資は「国家安全保障上の理由で精査される」と指摘した。声明によると、政府は、国の安全に影響を与える、または影響を与える可能性がある国防部門への外国投資を検討する権利を留保する。同省によると、ライセンス申請は、国防省および外務省と協議の上、商工省産業振興省が検討する。この決定は、FEMA(外国為替管理法)の通知の日付から有効になります。