インド総領事のデイビッド・ランツ氏によると、インドはこの点で迅速に行動すれば、世界のサプライチェーン製造ハブに進化することができます。

「インドには、特に外国投資が中国を離れて新しい家を探しているため、世界のサプライチェーン製造ハブに進化する一世代に一度の機会があります」とランツ氏はIACC COVID Crusaders Award2020で講演しました。 Covid-19後のパンデミック状況で世界中で起こっている変化について話している間、ランツ米国総領事は、インドがその時間を必要として急速に動いたことを認めました。彼はさらに、「ビジネスコミュニティは、封鎖の最初の数週間では想像もできなかった方法で結集しました。アメリカとインドの企業は、従業員の安全を確保し、コンピューターやその他のツールを維持するために多大な努力を払いました。金融ネットワークのような重要なビジネスが稼働しています。」授賞式は、COVID-19パンデミックの猛攻撃に対して世界的に救援と支援を提供するために個人、企業、組織が行った人道的努力を称えるために組織されました。グジャラートを拠点とするビジネスマン、Kader Shaikhは、彼の30,000平方フィートのオフィスを85床のCOVIDケア施設に改造したことで祝福されました。一方、有名シェフのVikas Khannaは、4,000万食以上を提供したFeedIndiaキャンペーンの栄誉を受けました。はるかに。受賞者のリストには、NGOのAkshaya Patra、Goonj、Heifer International、Godrej、Mahindra&Mahindra、WallisBankなどの企業が含まれていました。

Read the complete article in Free Press Journal