ラージナートシン国防相は、モディ首相の「アトマニルバルバーラト」のビジョンまたは防衛製造における自立の達成に焦点が当てられていると述べた。

政府は、防衛取得方針の重要な変更を発表し、オフセットガイドラインを改訂して、コンポーネントよりも完全な防衛製品の製造を優先するようにしました。さらに、インドの所有権が50%を超える企業のみが、防衛部門の重要なMake inIndiaカテゴリの調達に参加することが許可されます。これは、戦略的パートナーシップポリシー、Make Iおよび2、およびIndian Designed Developed and Manufacturing(IDDM)カテゴリで構成されていると国防省は述べています。月曜日に新しい国防取得手続き(DAP)を発表したラージナート・シン国防相は、国の国内生産を強化し、モディ首相の「アトマ・ニルバル・バーラト」または国防製造における自立のビジョンを達成することに焦点を当てていると述べた。変更は、国防取得評議会(DAC)の会議でクリアされました。国防相は、DAPには、インド国内産業の利益を保護しながら、輸入代替と輸出の両方のための製造ハブを設立するための外国直接投資(FDI)を刺激する規定が含まれていると述べた。 「オフセットガイドラインも改訂され、コンポーネントよりも完全な防衛製品の製造が優先され、オフセットの排出を奨励するためにさまざまな乗数が追加されました」とシン氏はツイートしました。公式声明によると、新しい方針は、簡素化、委任、およびプロセスを遅滞なく業界に優しいものにすることに重点を置いた主要分野で、ビジネスのしやすさを含んでいた。さらに、「購入(Indian-IDDM)、Make I、Make II、Design&Developmentの制作代理店、OFB / DPSU、およびSPモデルのカテゴリは、居住者による所有権と管理の基準を満たすインドのベンダー専用に予約されます。 FDIが49%以下のインド市民。」設計と開発について話しました。これは、タイムラインを短縮し、認証とシミュレーションによる評価に重点を置いた、統合された単段式宇宙輸送を伴う包括的な手順です。同省はまた、DAPは幅広い利害関係者からのコメントや提案を考慮して策定されたと述べた。