保健省の回収件数が40万ルピーから50万ルピーに増えるのにたった11日しかかからなかった

過去24時間で約85,000回の回収があり、インドの回収率は史上最高に達し、83%を超えました。総回収率は51万ルピーを超えました。保健家族福祉省のデータによると、過去1日間で約84,877回の回復が記録され、合計で51,01,397回の回復が見られました。同省は、回収数が1万ルピーから10万ルピーに増加するのに57日かかったと指摘した。しかし、その数字が40万ルピーの回収から50万ルピーに上がるのに11日しかかかりませんでした。データによると、新たに回収された症例の約73%が、マハラシュトラ州、アーンドラプラデーシュ州、タミルナードゥ州、ウッタルプラデーシュ州、デリー、オリッサ州、ケララ州、西ベンガル州、マディヤプラデーシュ州の10の州と連合地域から報告されました。マハラシュトラ州からの回収数が最も多く、19,932回の回収が報告され、続いてカルナタカ州が7,509回、アンドラプラデシュ州が7,210回でした。同様に、タミルナードゥ州とウッタルプラデーシュ州はそれぞれ5,554と5,382の回復を報告しました。デリーとオリッサからそれぞれ4,000以上の回収が報告され、ケララでは3,347の回収が報告されました。西ベンガルとマディヤプラデーシュもそれぞれ2,000回以上の回復を報告しました。同省は声明のなかで、データを公開し、次のように述べています。「高水準の回復が持続したことで、活動中の症例と回復した症例のギャップがさらに拡大しました。回収された症例は、活動中の症例(9,47,576)を41.5万ルピー(41,53,831)以上上回っています。回復されたケースはアクティブなケースの5.38倍であり、回復が一貫して上昇していることを保証します。」インドは、1日に100万のサンプルをテストし続け、過去24時間で約11,42,811のテストを実施しました。一方、この国では過去24時間に合計70,589人の新規症例と776人の死亡が報告されており、マハラシュトラ州が最も多くの症例を報告しています。マハラシュトラ州から約11,921人の新たな症例が報告され、マハラシュトラ州から180人の死亡が報告されました。カルナタカ州も6,892例と59人の死亡を報告し、タミルナードゥ州は5,589例と70人の死亡を報告した。アンドラプラデシュ州は5,487人の症例と37人の死亡を報告しましたが、ケララ州は4,538人の症例と20人の死亡を報告しました。首都デリーも過去24時間で1,984人の症例と37人の死亡を報告した。新たな感染により、総感染数は61万ルピーを超え、61,45,291例に達し、96,318人が命を落としました。