複雑なこれらの古風な法律の網は、海外からの多くの投資家がインドに来ることを躊躇した理由の1つでした。

ナレンドラ・モディ首相の政府は、「インドはビジネスに開放されている」と言って理事会を設置しました。来て、投資してください!」労働法を改革し、古風な法律を廃止することにより、ガルフニュースに掲載された意見投稿は述べています。インド政府は、約44種類の労働法を、4つの異なる賃金法典、労使関係法典、労働安全衛生および労働条件法典、そして最後に社会保障法典に統合しました。政府はまた、企業がライセンスを取得してインドで事業を開始することを容易にする12の法律を廃止しました。複雑なこれらの古風な法律の網は、海外からの多くの投資家がBlueKraftDigitalのCEOであるインドに来ることを躊躇した理由の1つでした。財団AkhileshMishraは彼の意見の投稿に書いています。経済改革が行われ、インドが投資家のために門戸を開いた1991年に最後に改正された法律。これらの法律は、5人の元首相による多くの試みの後、モディ首相の政権によって投資家を引き付けるために現在改正されています。改革によると、賃金に関する規範は4つの法律に簡素化されました。 542種類の最低賃金率はわずか12に簡略化されています。同様に、労使関係コードは3つの行為を1つに統合していると彼は書いています。政府の事前の承認なしに雇用または解雇するのは従業員100人の企業に限られていましたが、現在は従業員300人の企業にまで拡大されています。この動きは、MSMEが成長し、以前は困難であったより多くの人々を雇用することを奨励する可能性があります。この下で、地方自治体はこの制限をさらに引き上げる権限を与えられただけでなく、新しい施設をそのような制限から完全に免除しました。多くの改革派地方自治体はすでにその方向に進んでいます。取引コストを削減するために、政府はまた、有期雇用ルートを開設し、法的ストライキを呼び出す前に14日間の強制通知期間を設けました。労働安全衛生および労働条件コードという名前の別のコードは、13の行為を1つにマージします。文書化作業を廃止するために、企業は4つではなく1つのライセンスのみを取得する必要があります。以前に必要だった6つの登録から、今では1つになります、とミシュラは彼の意見記事に書いています。それとは別に、以前の21ではなく、コンプライアンスのために1つの返品を提出する必要があります。新しい注文ごとに契約労働者を雇うために必要な新しいライセンスの代わりに、5年間の単一ライセンスに延長されました。 4番目のコードである社会保障に関するコードは、9つの行為を1つに統合しました。また、労働者の社会保障規定の適用性と評価を簡素化しました。また、夜勤で女性を雇うことも可能になり、女性が雇われる機会が増えています。 Mishra氏は、最大の救済策として、すべての中央労働法を遵守するための登録、検査、返品が1回だけになるということです。改革はまた、モディ首相の「最小政府、最大ガバナンス」のモットーに共鳴する検査官から裁量権を奪うことによって、恐ろしい「検査官ラジ」を排除しました。 MyGovIndiaの元コンテンツディレクターであるAkhileshMishraは、インド政府が過去数か月から改革を開始したと書いています。新しい製造ユニットの法人税率はわずか15%に引き下げられました。これは、最低ではないにしても、世界で最も低い税率の1つです。簡素化された国の物品サービス税(GST)がすでに存在し、無数の地方税と規制の専制政治を終わらせていると彼は書いています。政府は新しい枠組みを導入し、かつてないほど民営化を許可しました。政府は、各セクターに少なくとも4つの公共セクター企業(PSE)を設置して、民営化を導入できるいくつかのセクターを特定しました。そのようなセクターの1つは、インドがかなりの力を持っている宇宙セクターであり、民間投資と協力のために開かれていると彼は書いています。同様に、民間のプレーヤーに単一のライセンスが与えられたため、インドでも商業炭鉱が現実のものとなったと彼は書いている。ウッタルプラデーシュ州やカルナタカ州などの州は、すでに円滑な用地取得法を開始し、生産部門を改革しています。一方、中央政府は、防衛などの分野でのFDI制限を改訂しました。防衛部門の制限は74%まで上昇し、100%まで上昇する可能性があります。ミシュラは、インドはすでに、大規模で拡大する中産階級の基盤、法の支配、公正で自由な司法、活気のあるメディア、十分に発達した資本市場、質の高い人的資本、エリートのエンジニアリングと管理など、世界の投資家に提供するものがたくさんあると書いています学校と活気に満ちた民主主義。

Read the full article in Gulf News