これらには15本の道路と8本の橋が含まれ、それによってこの地域のすべての気象接続プロジェクトを人々に提供しました

センターは水曜日、ジャンムー・カシミール州の連邦直轄領におけるインフラ開発を後押しし、この地域のカトゥーア、ドーダ、ウダンプール、リーアシ地区で23の道路と橋のプロジェクトを開始しました。 「費用が約73億ルピー、長さが111キロメートルのプロジェクトは、この地域の35,000人以上の人々に利益をもたらすでしょう」とジテンドラシン国務大臣(独立担当)は述べています。これらのプロジェクトを電子的に開始している間、ジテンドラ・シン連邦閣僚は、過去数か月のCovid19パンデミックによって引き起こされた深刻な課題にもかかわらず、少数を除いて、すべてのプロジェクトが規定の時間枠内に完了したと述べました。彼は、パンデミックによってもたらされた課題にもかかわらず、国は開発のペース、特にジャンムー・カシミール州のUTに妥協していなかったことを強調した。昨年の800kmに対し、今年度は1150kmの道路が建設されたとのこと。ジテンドラ・シン氏は、モディ政権の過去6年間で、労働文化は大きく変化し、プロジェクトは他の考慮事項ではなく、ニーズに基づいた要件に基づいてクリアされていたと述べました。彼は、PMGSY資金のほぼ3分の2を、ウダンプール、カトゥーア、ドーダの丘陵で住みにくい地形に割り当てたことは、これを証明していると述べました。 PMGSYファンドの4175ルピーのうち、約3884ルピーが上記の3つの分野に与えられたと彼は付け加えた。ジテンドラ・シンは、ナレンドラ・モディ首相が、正式な就任を待たずに、完成した開発プロジェクトを国の人々に捧げることをすべての人に強調したことを繰り返した。彼は、政府は人々のニーズに優先権を与え、人々は様々な開発プロジェクトの正式な発足のためにいかなる種類の困難にも直面してはならないと述べた。彼は、政府は、Covid19危機のようなさまざまなハードルにもかかわらず、過去6年間に開始されたすべてのプロジェクトを期限付きで完了することに固執し、コミットしていると述べました。 Jitendra Singh氏は、リーシー地区で建設されたさまざまな開発プロジェクトについて洞察を与え、フランスのパリのエッフェル塔より35メートル高いリーシー地区に世界で最も高い鉄道橋が建設されていると述べました。 Jitendra Singhは、開発作業が妨げられないように、タイムラインを順守し、優先的に用地取得と森林伐採を迅速に追跡するよう当局に求めました。