州および連邦直轄領には、学校およびコーチング機関の再開を段階的に決定する柔軟性があります。

政府は、封じ込めゾーン外での活動に関する新しいCOVID-19ロック解除ガイドラインに基づいて、10月1日から映画館やマルチプレックス、エンターテインメントパーク、企業間展示会の開設を許可しました。学校は、10月15日以降、州および連邦直轄領によって段階的に開校できます。ただし、内務省が許可する業務を除き、国際的な空の旅は引き続き制限されます。本日同省が発行した新しいガイドラインは、州および連邦直轄領から受け取ったフィードバックと、関連する中央省庁との広範な協議に基づいています。映画館、劇場、マルチプレックスは、最大50%の座席数で開くことができます。それらは、情報放送省によって発行される標準操作手順(SOP)に従う必要があります。企業間(B2B)展示会も、商務省によって最終決定されるSOPの下で開くことが許可されます。スポーツ選手のトレーニングに使用されているプールの開放が許可され、青年スポーツ省が標準操作手順(SOP)を発行します。エンターテインメントパークなどの開園が許可され、保健家族福祉省がSOPを発行します。学校、大学、教育機関、および指導機関州および連邦直轄領の政府は、10月15日以降、段階的に学校および指導機関の再開を決定する柔軟性を与えられています。決定は、それぞれの学校または機関と協議して行われるものとします。内務省は、状況の評価に基づいて、経営陣は言った。ただし、いかなる決定も以下の条件に従うものとします。オンライン/遠隔教育は引き続き好ましい教育方法であり、奨励されるものとします。学校がオンラインクラスを実施していて、一部の生徒が物理的に学校に通うよりもオンラインクラスに参加することを好む場合、そうすることが許可される場合があります。生徒は保護者の書面による同意がある場合にのみ学校/教育機関に通うことができ、通学を強制することはできません。開校が許可されている学校は、州およびUTの教育部門によって発行されるSOPに強制的に従わなければなりません。教育省高等教育局(DHE)は、状況の評価に基づいて、内務省(MHA)と協議して、大学および高等教育機関の開設のタイミングを決定することができます。ただし、オンラインおよび遠隔教育は、引き続き好ましい教育方法であり、奨励されるものとします。研究室や実験の実施が必要な機関は、研究者や大学院生のために、10月15日から開設することが許可されます。同省は、社会的、学術的、スポーツ、娯楽、文化的、宗教的、政治的機能およびその他の会衆は、収容区域外で100人の上限ですでに許可されていると指摘した。現在、州政府とUT政府は、10月15日以降、封じ込めゾーンの外で100人の制限を超えてそのような集会を許可する柔軟性を与えられています。