インドもその試験能力を高めました。過去1日間で合計14,23,052のサンプルがCOVID-19についてテストされました

過去24時間で85,000以上の回収があり、インドでのCOVID-19からの回収の総数は53万ルピーに近づいています。その中で、保健家族福祉省は、過去10日間、活動的な症例が10万ルピーを下回っていると主張しています。同省は声明のなかで、「インドは、活発な事件を10万ルピー以下に維持する傾向を維持している。 10日連続で、アクティブなケースは100万未満です。」同省が発表した最新のデータによると、国内で活発な事件は9,40,705件である。同省が発表したデータによると、国内で過去24時間に約85,376件の回収が登録され、合計で52,73,201件になりました。これにより、回収率は83.53パーセントになります。インドもその試験能力を高めました。過去1日間で合計14,23,052のサンプルがCOVID-19についてテストされました。データによると、回収された全症例のうち、約77%が、マハラシュトラ州、タミルナードゥ州、アンドラプラデーシュ州、カルナタカ州、ウッタルプラデーシュ州、デリー、西ベンガル州、オリッサ州、ビハール州、テランガーナ州の10の州と連合地域からのものです。データはまた、過去24時間に約86,821件のCOVID-19感染の新規症例が国内で報告されたことを示唆しています。合計1,181人の死亡も国内で報告された。マハラシュトラ州は過去に最も多くの症例を報告し、18,317人が陽性と報告しました。過去24時間で約481人が州で命を落としました。その後、8,856人の新たな症例と87人のカルナタカ州の新たな死亡が続いた。ケララ州はまた、8,830人の新鮮な症例と23人の死亡を報告しました。同様に、アンドラプラデシュは過去24時間で6,133例と48人の新規死亡を報告し、タミルナードゥ州は5,659例と67人の新規死亡を報告しました。首都デリーも過去24時間で3,390人の新規症例と41人の新規死亡を報告した。これまでのところ、総症例数は63,12,584症例で63万ルピーを超えています。約98,678人が命を落としました。