インドとミャンマーは木曜日に、国境協力と国境インフラのアップグレードを含む、関係の全範囲をレビューした

バーチャルモードで開催された第19回外務省協議では、双方は、ミャンマーで進行中のインドの開発プロジェクトの状況、貿易と投資の関係、電力とエネルギーの協力、領事館の問題、地震の進行中の復旧作業を含む文化協力についても検討した。バガンの損傷した塔。インドの代表団は外務大臣のハーシュ・バルダン・シュリングラが率い、ミャンマーの代表団は事務次官が率い、U Soe Han側はまた、進行中のCOVIDパンデミックにもかかわらず、権力、エネルギーなどを含むいくつかの分野での会合が二国間関与の深さを反映する仮想モード。インド、ミャンマー外務省協議会について書いたMEAのスポークスパーソン、アヌラグ・スリヴァスタヴァは、次のようにツイートしました。ミャンマーは、インドの近隣優先政策とアクトイースト政策の不可欠な要素です。」

双方はまた、COVID-19が提起する課題と、ワクチン開発、医薬品、機器、技術の供給、能力開発などを通じて、その影響を緩和する方法について広範な議論を行いました。外務大臣は、インドの「近隣優先」および「アクトイースト」政策に従って、インドがミャンマーとのパートナーシップを優先することを繰り返した。彼は、インドがミャンマーとの多面的な協力を強化し、また協力の新しい道を模索することに引き続きコミットしていると述べた。双方は、10月20日に開催される次回の合同貿易委員会閣僚会議が二国間貿易と投資関係をさらに強化するのに役立つことで合意した。ミャンマーの事務次官は、両国の相互利益のために、インドとの長年のパートナーシップをさらに強化するという自国のコミットメントを再確認した。彼はまた、インドがミャンマーに提供したCOVID関連の開発援助に感謝の意を表した。彼は、2020年5月1日から2020年12月31日までの期間、G20債務返済停止イニシアチブの下で債務返済救済を提供してくれたインドに感謝した。双方は、相互に都合の良い日に次の外国事務所協議を開催することに合意した。