Quadは、4か国の非公式グループとして、自由でオープンで包括的なインド太平洋の大義を支持してきました。

ポストコビッド-19国際秩序は、10月6日に東京で開催される予定の第2回クワッド閣僚級会合の焦点となる。外務省のスポークスパーソン、アヌラグ・スリバスタヴァによると、インド、日本、オーストラリア、日本の外相は彼らの会合はまた、地域の問題について議論し、「自由で開かれた包括的なインド太平洋の重要性を集合的に再確認する」。この閣僚会議は、9月25日のクワッド高官の仮想会議の直後に開催されます。会議では、インド、日本、オーストラリア、米国の当局者は、ASEAN中心性とASEAN主導のメカニズムに対する確固たる支持を繰り返しました。特に、インド太平洋の地域アーキテクチャにおけるリーダー主導の東アジアサミット。彼らはまた、インド太平洋の共通の有望なビジョンの実現に向けて、ASEANおよび他のすべての国と協力する用意があることを表明した。彼らはASEANのベトナム議長国に感謝し、今年11月の第15回東アジアサミットを楽しみにしていた。しかし、中国はクワッドを疑いの目で見て、インド、日本、オーストラリア、米国のグループを、第三国を標的にすることを目的とした「排他的な一団」としてラベル付けしました。中国外務省のスポークスパーソンである汪文潭氏は、9月29日の定期的な記者会見で、次のように述べています。排他的な派閥を形成する代わりに、多国間および多国間協力は、オープンで、包括的で、透明でなければなりません。第三者を標的にしたり、第三者の利益を損なうのではなく、協力は地域諸国間の相互理解と信頼を助長するものでなければなりません。」彼はまた、「関係国が、反対のことをするのではなく、地域の国々の共通の利益についてもっと考え、地域の平和、安定、発展に貢献できることを願っています。クワッドのアイデアは、元日本の安倍晋三首相によって支持され、現在、彼の後継の菅義偉首相は、グループ化を進めることに熱心であることを示しています。日本の茂木外相は、地域問題について同じ意見を共有する4カ国の外相が世界でのCovid-19の状況を投稿する方法について徹底的に議論するのと同じくらいタイムリーな会議であると述べました。